天堂俺去俺也来www色官

R&Dセンターについて

拓普R&Dセンターは1999年に設立されて、拓普グループに傘下された自動車部品およびサブシステムの専門研究開発機関であり、自動車部品およびサブシステムのエンジニアリング開発と構造設計能力を絶えずに高めるように取り組んでいて、国内外のホスト工場および部品企業に体系的なエンジニアリングソリューションを提供します。

センター内には完備されたシステム研究開発能力と試験装置を持ち、自動車車両システム、サブシステム、部品システムの設計・開発能力を備えて、国内外の有名な自動車製造メーカーのグローバル車両同期研究開発システム(例えばGM、Audi、Chryslerのグローバル車両同時研究開発システムなど)に参入しています。 国内外の自動車製造メーカーと同期開発を行います。

また、R&Dセンターは、拓普グループの子会社に製品設計、工芸プロセス、プロセス制御などに関する理論と技術指導を提供し、拓普が自動車産業における着実な発展を実現するために技術サポートを提供しています。

拓普のグローバル戦略をサポートするため、2012年から海外R&Dセンターの設立を展開し始め、2016年までにアメリカデトロイトとスウェーデン・ヨーテボリにそれぞれにR&Dセンターを設立し、カナダ・トロント、ドイツ・ウィインハイム、フランス・ルヴァロワ、ブラジル・サンパウロに専門技術スタッフを配置しています。

研究開発能力

自動車車両システム、サブシステム、部品システムの設計・開発能力を備えて
国内外の有名な自動車製造メーカーのグローバル車両同期研究開発システム(例えばGM、Audi、Chryslerのグローバル車両同時研究開発システムなど)に参入しています
国内外の自動車製造メーカーと同期開発を行います

var _hmt = _hmt || []; (function() { var hm = document.createElement("script"); hm.src = "https://hm.baidu.com/hm.js?969f7664683d3f075c10d6f406a2c342"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(hm, s); })();